検査

当院で検査可能な項目についてご案内します。
当院ではほぼ全身のすべての臓器に対応した最新の検査機器を取り揃えており、生活習慣病の管理から癌の早期発見まであらゆる精密検査が総合病院と同様受けることが可能です。
検査は基本的にインターネット予約システムからは出来ません。
ご希望の方は受診の際にご相談いただくか、お電話で受付スタッフにご相談ください。

高解像CT撮影画像
内視鏡撮影画像

内視鏡検査

当院の内視鏡システムは大学病院や基幹病院で導入されているオリンパス社性の最新システムを導入しています。
苦痛の少ない炭酸ガス送気装置も完備しており、鎮静剤(眠り薬)を使用することなく鎮痛剤のみで術中画面を見て説明を受け会話をしながら検査を行っています。 そのため術後もリカバリールームで短時間休むだけで車の運転も問題なく帰宅することが可能です。
当クリニックでの内視鏡検査は基本的には予約検査となっておりますので一度受診いただき診察を行なった上で検査予約を行っていただく必要があります。予約枠は平均で2週間先まで埋まっていることが多いですが時に検査枠が空いている日もありますので、当日検査をご希望の方は当日お電話で窓口スタッフにお問い合わせください。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管内視鏡検査は口腔(経鼻内視鏡の場合は鼻腔)・咽頭・口頭・食道・胃・十二指腸を観察することができます。
当院では病気のリスクに応じてハイビジョンシステムによる最新の細径の経鼻ファイバーから高解像度の経口ファイバーまでを使い分けており、微小病変の検出が可能となっております。
検査中に病変を見つけた場合には特殊光検査により粘膜情報を詳細に観察することが可能で組織を採取することで幅広い病気の確定診断が可能です。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査は終末回腸(小腸の出口)から大腸・肛門を観察することができます。
検査当日に自宅またはクリニックで腸管内の残渣を綺麗にする下剤を内服していただき検査を行います。
上部消化管同様、最新の可変式細径ファイバーを使用して検査を行い、特殊光検査・拡大観察を駆使して病変の検出を行います。
大腸ポリープは発見した際にその場で内視鏡的切除を行います。

CT検査

当院では最新型80列マルチスライスCTを導入しています。
このCT装置は大学病院などで使用されている最新機器で、従来の一般病院などにあるCT装置と比較し短時間でより高画質・高解像度な膨大な情報を得ることが可能である一方、従来機種と比較しその被曝量を50%まで抑えることができる新技術を搭載しております。
さらに造影検査を併用することにより微小な病変も描出することが可能となっております。
開院後多数の検査を行ってきましたが、消化器疾患だけでなく呼吸器領域・内分泌領域・婦人科領域・泌尿器領域・整形外科領域などの疾患を発見することができました。
生活習慣病を持つ方の検査では内臓脂肪の定量が可能で減量の指標を数値化したり動脈硬化の評価も可能となっております。
また適応対象は少ないのですが種々の原因で大腸内視鏡検査ができない方には大腸CT検査もこのシステムでは施行可能となっています。
得られた画像情報は必要があれば画像解析システム(AZE VirtualPlace)を使用して3D再構築を行いバーチャル画像を作成しています。
得られた画像は院長がすべて読影した上で遠隔診断システムを使用し大学病院の放射線科専門医の二重読影を行った上で再診時に結果説明を行います。
当院では朝食を食べてこなければ予約なしで当日のCT検査が行えるように体制を整えております。
CT検査はおおよそ8000円程度の費用となり、これ以外に診察料などがかかります。
詳しい内容に関しましてはお電話で窓口スタッフにお問い合わせください。

エコー検査

当院では2台の最新式超音波検査機器を常備しております。
超音波検査は人体に無害で手軽に行えることから外来診療の際に「聴診器がわり」に体の中を観察することが可能です。
1台は外来に常備しており主に腹部臓器や腸管を見ることができる機能を持っており血管や婦人科臓器・泌尿器臓器なども観察が可能です。
外来で腹部の診察する際に併用しておりこれまで数々の疾患を発見するのに役立ってきました。
もう1台はエコー室に配備しておりこちらは外来に設置してある超音波機器の上位機種になります。
こちらでは腹部臓器を見るだけでなく甲状腺・乳房・頸動脈など全身の臓器を観察することが可能で、特殊な技術を必要とするため月一度専門エコー技師が検査枠を持って検査を行っております。

体組成計則

当院には精密体組成計を常備しております。
生活習慣病の方は体重の管理が脾臓に重要になってきます。
しかし、減量して体重が落ちたとしても脂肪量は変わらず筋肉量が減ってしまっては病気の改善は得られません。
生活習慣病の方々は受診の際に毎回体組成計で計測を行い自分の体を数値で確認すると同時に次回の受診までの管理目標を認識してより生活に注意してもらうことが可能です。
この体組成計則は無料です。

その他