• HOME
  • お知らせ
  • COVID19(新型コロナウイルス)感染症について

COVID19(新型コロナウイルス)感染症について

現在、中国武漢で発生したCOVID19(新型コロナウイルス)が本邦で流行し都市部では医療崩壊を引き起こす勢いで猛威を振るっています。
幸い静岡県では2020年4月第3週終了時点で東京都・神奈川県・愛知県などの周辺感染流行地域と比較して感染者数は50名と少なく、ごく少数を除きそのほとんどが感染経路の特定されており、特に静岡市内では感染経路不明の市中感染は認められていないことから現時点では静岡市内で通常の市民生活を行なっている限りCOVID19に暴露・感染する機会はほとんどまずないと考えて良さそうです。
しかし2020年4月7日発令された緊急事態宣言後も対象となった東京都・神奈川県などから静岡県内への人口流入や往来が断続的に一定数認められており、4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大され人口移動は減少したと考えられるもののその効果が出るのは5月初旬以降となる可能性が高いことから、今後、静岡県でも感染流行地域に遅れて感染者数が増大する可能性は否定できません。

当クリニックはその特性から定期的な診療・投薬が必要な特殊な難治性疾患に対して免疫抑制治療を行なっている患者さんや臓器移植後の患者さん、近隣のご高齢の方が多数通院されており、その方達を感染から守らなければなりません。
また、マスクや医療用ガウンなどの医療資源が現在入手困難なため在庫も少なくなって医療スタッフの感染予防にも限界があり感染症症例の診療に支障をきたしております。
感染予防として医院入り口での消毒、患者さんのマスク着用、一人一人の診療の間にドアや机・椅子・ベッド・超音波機器などを消毒、院内の換気、感冒症状の患者さんは隔離室で診療をするなど様々な工夫を行ってきましたがそちらも限界があると感じております。
そのため当クリニックでは当面の間、感冒症状の患者さんの診療を時間指定による診察及び一部制限とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

詳しくはこちら>>